ホーム >  ブログ  > 【8月25日】若手スタッフ研修

【8月25日】若手スタッフ研修を行いました。

【スタッフ研修】2017年8月25日(金) 13:30~17:00
テーマ:「知的資産経営と経営力向上計画」顧問先様への経営支援力アップ
講師:エフォート行政書士事務所 行政書士・知的資産経営認定士 中島 巧次 氏

8月25日(金)の午後から、若手スタッフの研修を行いました。
今回の研修目的は、税務会計だけでなく、顧問先様の経営や、社長自身を把握し、
強みや魅力を明確化し見極めることで、経営力向上に繋がるコンサルティング力を高める事。

顧問先様と、より良い関係構築を目指し、顧問先様の強みを引き出し、経営資源を磨き、
経営支援力をアップしていく方法を知るために、
その道のプロである、行政書士・知的資産経営認定士の中島先生に研修をして頂きました。

研修の前には、杉本所長より事務所の目指す方向性、他と違った税理士事務所としての強み持つこと、
社長様とのコミュニケーションの大切さについて話がありました。
実は、この話は、所長からこれまでに何十回も聴いている内容です(笑)が、
このように所長がお話される事が、クライアント様の事を一番に思う気持ちであること、
私達スタッフの未来を見据えたお話である事は、言うまでもありません。

【研修内容】
1.データで見る企業の現状
2.知的資産経営支援のニーズや効果の事例
3.粗利益の意味と戦略の必要性
4.粗利益の源泉「知的資産と知的資産経営
5.知的資産経営の支援
6.(知的資産・定性情報の掘り下げ/企業の現状・強み・魅力を知る)
7.経営力向上計画、ローカルベンチマーク

前半は、中小企業の現状や、企業の強みの引き出し方、経営戦略の重要性などを中心にお話をお聴きしました。
知的資産経営は、決算書に載らない【無形の価値】ですが、知的資産経営を行う事で、
販路開拓や顧客獲得などのマーケティング、従業員育成、事業承継に有効活用できる、内部マネジメント、
また、外部の理解促進や採用人事育成、金融機関からの評価や融資の円滑化等に効果があります。

中島先生は、滋賀県を中心とした企業の知的資産経営支援を行われており、
研修では、価値創造ストーリーを事例でご紹介頂きました。


歌って踊れる行政書士のキャッチコピーを持つ中島先生のお話は、テンポよく、楽しく、あっという間に前半(90分)終了


事例を交え、解り易くお話してくださいます。質問をしながら、大事なところはメモをしっかり取ります。

また、弊事務所のコンテンツでもある「戦略社長塾」のランチェスター法則のお話も交え、
【経営の目的はお客様作り】である事、【作ったお客様を維持し続けて持続的経営】をしていく事の大切さを学びました。

後半は、目にみえにくい「知的資産」と知的資産経営についてのお話をお聴きしました。
企業の資産となる「知的資産」は、組織力、人材、技術、経営理念、顧客などとのネットワークなど、
財務諸表に表れてこない、目に見えにくい経営資源です。

財務諸表には、材料費や外注費等と表れますが、
安定した品質の背景には、仕入れ先や協力会社等との良好な関係があります。
そのような見えない経営資源や、事業の背景をお聴きするキッカケの場として、
クライアント様とのコミュニ―ションは大切な時間です。

中島先生には、知的資産経営の支援現場で、どんな質問をして、問いかけをしているか、など、
これまで培われた知恵・経験・ノウハウ、といった中島先生の知的資産を惜しみなく伝授頂きました!


10分の休憩を挟み、全3時間という長丁場であったにも関わらず、研修終了後もスタッフの真剣な質問が続きました!

 
(左)クライアント様への質問のキッカケや切り口について質問する鎌倉さん。
(右)久保さんから質問があった、企業の強みシートの作り方。PowerPointへの落とし込み方法のレクチャー

この研修を通して、今後も、クライアント様の目線に立ち、
共に成長していける税理士事務所として、さらにコンサルティング能力を高めていきたいと思います。


TOP

杉本総合会計

〒520-3047
滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185

© Sugimoto Accounting Office All Rights Reserved.