ホーム >  ブログ  > お客が増える祭り2017を開催

お客が増える祭り2017を開催しました。

今年もこの時期がやって参りました。
2017年の「お客が増える祭り」は、なんと、ランチェスター経営竹田陽一先生のご講演。
今年は、ランチェスター先生の生誕150周年という事で、記念講演となります。

それもたっぷり2時間30分!
滋賀で活躍されている方々のPR・講演も交えた3部構成で、大いに盛り上がりました。

【杉本総合会計 お客が増える祭り 2017】
2017年11月16日(木) 12:30~17:00(会場 Rise Ville都賀山)

第一部:「竹田ランチェスターと知的資産経営」
講師 エフォート行政書士事務所 行政書士 中島 巧次 氏
第二部:「中小企業のネット戦略こそランチェスターだ!」
株式会社ソレプロ 代表取締役専務 山本 光洋 氏
第三部:「早わかりランチェスター戦略」
講師 ランチェスター経営株式会社 竹田 陽一先生


第一部は、知的資産経営でおなじみの中島先生。

『経営の目的はお客作りであり、言うまでもなく、会社は「粗利益」で出来ています。
そして、粗利益は「売上」からしか生まれません。
売上を上げるためには、新規顧客を増やすことのみならず、既存顧客を大切にし、購入頻度を増やすことが大事。』というお話から、そのための戦略が必要であることをお話されました。
中でも、他との違いを作り、独自の価値を作り出す事→「逆張りで独自性を目指す」は、まさに杉本総合会計が目指している所でもあります。
・・・そういえば、以前、所長が“逆張り税理士”というフレーズを使っていたのを思い出しました。

お客様は何となく、弊事務所を選んでくださっているわけではなく、そこには何らかの意味があるから選ばれている。なぜ、弊事務所が選ばれているのか、そこには決算書に載らない価値(無形の強み)があるのでは、という事に気付かされました。


近年金融庁の方針で金融機関は財務諸表だけに頼らない「事業性評価」を重要視しています。
借り入れができないと諦めている経営者様もいらっしゃいますが、現在、銀行はこの事業性評価に取り組もうとしており、貸借対照表に載らない「無形の強み(知的資産)」を評価するようになっています。
ローカルベンチマーク(通称ロカベン)は、企業の経営状態(商品力、取引方法、会社の強み等)の把握を行うツールとして、事業性評価の入り口として活用される事が期待されるものです。
この辺りのお話も、解りやすく説明してくださり、35分という短い時間でしたが、バッチリ決められた中島先生のお話でした。

 

休憩を挟んで、第二部は、株式会社ソレプロの山本専務による「ネット戦略」のお話。
弊事務所のホームページを制作して頂いた会社さんであり、弊事務所の顧問先でもある、専務のお話は、ランチェスター戦略とネット戦略を比較しながら、共通する項目を解りやすく説明してくださいました。


『ランチェスターの1位作りは、「市場規模が小さな商品で1位になる事を目指せ」と言われますが、WEB戦略でも、「ブルーオーシャンの創造を行い、他にないものを作っていこう」という取り組みを行っていること、また、ターゲットを絞り、ニッチな領域で1位を目指していこうというところは、まさにランチェスター戦略である!』と、お話をされました。

山本専務、今回のお話では、ランチェスターに絡めてお話をして欲しいというオーダーを受けたそうで、ランチェスターの17項目をピックアップされて、WEB戦略と比較してくださいました。

今後、中小企業がネット戦略で勝ち残るには、お客に対する情報発信を行う事が重要であり、そのためには、その企業が何をしていて、どのような在り方、想いをもって経営しているのかを社内で十分に検討し、ネットで戦略を立てていく事が大切だと感じました。

 

そして、いよいよラストは、ランチェスター竹田先生のお話です。
御年79歳の竹田先生。福岡からはるばる「お客が増える祭」の為に、お越しくださいました。
プロジェクターを使用されない竹田先生は、ホワイトボードと演台を、客席の目の前に設置され、最前列はまさにプレミアシートに!
まずは、ランチェスター先生のエピソードをお話されながら、ランチェスター先生のお墓参り5回目で許可をいただいたというロゴマークが入ったシャツを披露され、会場は大爆笑。

 


中小企業が取るべき戦略として、経営を構成する中心的な要因をはっきりさせ、
従業員一人当たりの粗利益を上げていく事の重要性についてお話された上で、
粗利益はお客からしか出ないので、お客を出発点に考えた経営を行い、
「商品」、「営業地域」「業界と客層」(どこの誰に、何を売るのか)をしっかりと見極め、
経営を良くしていく為の戦略についてお話下さいました。

竹田先生のお話は経営者向けですが、講演が始まる前に「杉本先生、先生の事務所のスタッフの方にも聴くよう言ってください」とおっしゃってくださいました。
所長からも、事前に「受付などで忙しいでしょうけど、竹田先生の話は聞いてください」と言われていましたので、スタッフ全員で拝聴しました。

経営者でなくても、経営者の気持ちを感じ取ることが出来ます。
竹田先生がスタッフにも解りやすく説明してくださいましたので、
私たちスタッフも「経営感覚を持つ」ことの重要性がなんとなくわかってきました。


 

講演が大盛況に終わった後は、お楽しみの懇親会。

もちろん大いに盛り上がりました。
50名以上の方が懇親会に参加してくださり、ワイワイガヤガヤ。
私たちスタッフも、お客様のテーブルにご一緒させて頂き、非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。

「お客が増える祭2017」にご参加頂いた方々。
ご登壇頂いた方々、懇親会にご参加頂いた方々、お忙しい中本当にありがとうございました。
この場を借りて感謝申し上げます。

 

 

-進化形税理士事務所-
杉本総合会計
【事業内容】
税務・会計・決算に関する業務
相続・事業継承に関する相談業務
農業法人設立に関する業務
経営相談・経営コンサルティング(経営助言)
財務支援

 

〒520-3047
滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185
お問い合わせはコチラ

 


TOP

杉本総合会計

〒520-3047
滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185

© Sugimoto Accounting Office All Rights Reserved.