ホーム >  ブログ  > スタッフ研修を実施しました。

スタッフ研修を実施しました。

2019年9月3日(火)当事務所で新入社員を含む、
スタッフ研修を実施いたしました。

今回のテーマは、【コミュニケーション】
コミュニケーション力を高めることは、
ビジネスでもプライベートでも人間関係を円滑にすることができます。

3回シリーズの第1回は、自分のコミュニケーションの癖(型)を知り、
相手とのコミュニケーションの取り方について学びました。

■コミュニケーション研修 第1回■
・研修テーマ:自分のコミュニケーションのスタイルを知って、ビジネスに活かす。
・講師:有限会社ロココスペース 代表 浜田千史 氏
・参加者:石川税理士、萩森さん、桂さん、古川さん

<アイスブレイク>
まずは、みんなで自己紹介。
といっても所内のメンバーなので名前は知っていますが、
自分の特徴を表す“食べ物に例えると何か?”を名札に記入しました。



「食べ物~!?考えたことない!!」と、言いながら盛り上がります。

コミュニケーションの大切さを知る。
人と人とのコミュニケーションは、キャッチボールと同じです。
ボールのように目には見えませんので、
相手に投げた言葉を、うまく受け止めてもらうための言葉を考える必要があります。

また、自分のコミュニケーションのクセ(型)を知ることによって、
相手とうまくコミュニケーションできるコツをつかむことができます。



キャッチボールが上手くいかないと、うまく相手に届けることができません。
ホワイトボードのペンを使ってコミュニケーションのキャッチボールを体感しました

■コミュニケーションスタイル診断
コミュニケーションスタイル分析として、
国内外で有数の企業が導入しているプログラム、
HRDQ社開発「コミュニケーションスタイル分析」、
アセスメントタイプのテキスト教材を使用して、スタイル診断を行いました。

自分のコミュニケーションの「型」を知ることによって、
「自己主張の強さ」「感情表現の度合い」を知ることができます。
スタイルの構成要素
「口頭表現内容」「口頭表現手法」「動作」「個人的空間」は、
それぞれの型によって違いますが、
普段の自分がどのような表現や動作をしているのか、
どのような空間を好むのか、など確認しました。

また、それぞれのコミュニケーションの「強み」が
仕事上でどのように活かされているか、
その強みを仕事上で活かすために取り組みたい事を話し合いました。

■ミスコミュニケーションの原因を知る。
コミュニケーションがうまくいかない原因について考え、
コミュニケーションの弱みから、
仕事上でどのようなコミュニケーションミスに繋がっているかを
具体的に話し合いました。

最後は、仕事上のコミュニケーションミスを改善するために、
今後取り組みたい事を書き出し、発表しました。





明日から、「強み」を活かし、「弱み」を克服するために、
みんなそれぞれ目標設定。
有言実行!
少しずつ頑張っていきます!!

2時間の研修でしたが、自分に向き合う良い時間となりました。
今後も意識して実践していきたいと思います。

 

==============================================
-経営助言と財務支援で企業の成長を強力にサポートする滋賀の税理士事務所-
杉本総合会計

【事業内容】
税務・会計・決算に関する業務
相続・事業継承に関する相談業務
農業法人設立に関する業務
経営相談・経営コンサルティング(経営助言)
財務支援
〒520-3047 滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185 お問い合わせはコチラ


TOP

杉本総合会計

〒520-3047
滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185

© Sugimoto Accounting Office All Rights Reserved.