ホーム >  ブログ  > 経営革新等支援機関とは

経営革新等支援機関とは

「経営革新等支援機関」ってご存知ですか?
サポインや補助金事業にチャレンジされた方ならご存知かもしれませんね。

税務や金融、財務に関する専門知識を有した、金融機関や税理士、公認会計士、弁護士などから、一定の要件を満たした機関や人を、国が「認定経営革新等支援機関」として認定し、中小企業・小規模事業者の複雑化する経営課題に対して、専門性の高い支援を行う機関のことです。

弊所もその認定機関のひとつで、様々な支援をさせて頂いています。

具体的には、日本政策金融公庫の「中小企業経営力強化資金」を借り入れる際に、事業計画の作成サポートや指導・助言を行ったり、新たに起業される方などへは創業支援を行ったりします。
その事業計画、創業計画も、繁忙期や閑散期を考慮したものや、運転資金を確保できるものにしたりなど、社長の思いをそこに載せていきます。
また、営業会議や経営会議などに直接参加せて頂き、販売や経営の戦略について、現場目線、お客様目線でアドバイスさせていただきます。

そこでポイントになるのが、社長の気持ち、考えを引き出すことです。
質問を投げかけながら、社長の話を聴き続けることにより、社長自身が何をすべきかを考え、それを整理して、表現できるように心がけています。
答えを、社長ご自身が持っておられるケースがほとんどですから。

また税や会計とは関係なく、第三者として社長と従業員のコミュニケーションが円滑にいくよう関与させていただく場合もあります。

原価率、利益率などの経営数値を社長と一緒に考え作り、売上だけでない強い体質の会社を作れるよう、サポートしていきます。

採用情報


TOP

杉本総合会計

〒520-3047
滋賀県栗東市手原5-6-19 五番街ビル201
TEL 077-552-6185

© Sugimoto Accounting Office All Rights Reserved.